ほくろの除去を申し込み【自分の予算の範囲内で治療を受けられそう】

気になって消したいなら

顔を触る人

自分でいじらないで診察を

肌を美しく整えたときに、どうしても気がかりな存在になってしまうのであれば、ほくろの正しい処置を検討します。気になって仕方のない箇所を、どうしても消したいと願うのであれば、まずは衛生的かつ安全であることを優先します。間違っても、自分の爪で潰したり、カミソリで削ろうとしたりしないことが重要です。ほくろには良性と悪性がありますが、皮膚科で診療すると判明します。良性の場合は基本的に処置せずに、そのままの状態で生活することになりますし、悪性の場合は皮膚科で治療できます。良性であっても消したい場合は美容整形外科で診察してもらい、自分の希望を伝えます。なぜ消したいのかを正直に伝えるのが、希望通りの施術を受けやすくするコツです。ほくろを消す施術は、一般的に除去と呼ばれています。除去する方法によって、消滅か切除かに分かれます。消滅の代表的な施術が電気メスです。実際の医療器具としてのメスで肌に切りこむのではなく、電気で仮想的なメスを創出して該当箇所を消滅させます。電気ではなくガスを利用するのが炭酸ガスレーザーです。炭酸ガスレーザーも仮想的なメスの創出による該当箇所を消滅させる方法ですから、医療器具としてのメスで肌を切ることがありません。実際に肌を切りこむわけではないので、ほとんど痛みがありませんし、出血も稀です。個人差によるとも言えますが、肌を傷つけることなく消滅させるスタイルであり、施術後に傷が残らないのも特徴です。切除は大きさに関係なく、該当箇所を安全に除去できる施術です。切除であれば、短時間で除去できるのも特徴です。電気メスや炭酸ガスレーザーでは簡単に除去できない大きさでも、短時間で施術できます。ほくろを消す行為は、決して複雑ではありませんし、美容整形外科であれば美しく施術してもらえます。自分で気になるからといって、いじらないことが大切です。いじってしまうと、ほくろに関係なく皮膚そのものがダメージを受けてしまうからです。爪やカミソリでいじれば、傷だけでなく化膿の可能性も高くなってしまいますので、どうしても消したいと願うときは美容整形外科に相談します。簡単な除去を希望する場合は、大きさが限定されますので、美容整形外科の医師による問診も重要な役割を果たします。ほくろには深さもあり、どのくらいの皮膚組織に達しているのかも正確に診察してもらう必要があります。診察してもらうときに注目したいのが、何回で施術が完了するのかです。電気メスや炭酸ガスレーザーは簡単に施術してもらえますが、ほくろの大きさと深さによっては二回以上に分けて施術される場合もあります。痛みを感じずに済むメリットがありますので、二回以上でも良い場合は焦らずに施術してもらいます。大きくて深いと診断された場合は、メスによる切除を提案されますので、施術中の痛みの有無と傷跡の治癒スピードを確認します。施術中は部分麻酔も可能なので、痛みそのものはほとんどありませんが、麻酔が切れてから縫った箇所が疼く場合があります。治癒における自然な感覚ではあるものの、痒くて掻いてしまっては傷の治りが遅くなってしまったり、化膿しやすくなったりします。化膿を抑止する処置として、抗生物質の服用がありますので、術前に確認しておくと不安を解消できます。どのような処置かを理解するのも大切ですが、術後に服用できる抗生物質や化膿止めがあるのかどうかや、治癒にかかる時間の長さを質問しておくと安心できます。

Top