ほくろの除去を申し込み【自分の予算の範囲内で治療を受けられそう】

美しくありたいと願う

水着の人

もっと自分を好きになる

肌の悩みや不安の中でも、誰もが自然に普段から自分にも他人にも見えている存在のひとつと言えるのが、ほくろです。気にする人もいますし、気にしない人もいます。化粧で隠したいと考えてしまうのであれば、除去を検討するのもひとつの方策です。除去すると言っても、本来は病気でないので、皮膚科の診療では対処が限られてしまう要素もあります。最初に、気になる箇所を皮膚科に診察してもらうと、不安の解消に役立ちます。不安要素のひとつである病気かどうかを診断してもらえるからです。悪性でなければ問題ありませんので、自分が気になって仕方のない箇所を診察してもらいます。もしも悪性のようであれば、診療行為が必要になりますので、医師の診断と処方に従います。必要に応じて精密な検査を実施してもらいます。良性であれば、気がかりな状態を解消するために、除去を検討します。ほくろを除去したいときに役立つのが、美容整形外科での診察です。基本的に美しく整えることがテーマになりますので、病気かどうかではなく、自分が美しくありたいと願う気持ちを優先できます。美容整形外科では、安全性が重要ポイントです。最初の診察では、美しく仕上がるかに注目します。気になる箇所の除去をするための施術だけで終わらせないためには、美しく仕上がるのかどうかを確認します。自分の肌の問題ですから、遠慮なく質問して、疑問点を解決する態度が重要です。素人の判断や考え方であっても、臆せずに正々堂々と質問します。不安なのは自分であり、その不安を解消できるのかを正々堂々と問いかけるのがコツです。ほくろが良性であると判明していれば、除去はスムーズに施術されます。どのように仕上げるのかに関しては、美しく仕上げてもらえるかどうかに注目します。自分の肌の問題ですから、遠慮なく美しさを追求します。美容整形外科では、簡単な除去方法が確立されていますので、具体的に説明してもらえます。簡単な除去方法の代表的な施術方法が、電気メスと炭酸ガスレーザーです。電気メスと炭酸ガスレーザーは、方法は異なりますが、施術に際して痛みがほとんどありません。痛みだけでなく、術後の経過にも影響してくる出血もほとんどありません。痛みと出血がほとんどないので、傷跡になりにくく、自分で見ても違和感なく受け入れられる仕上がりを期待できます。電気メスと炭酸ガスレーザーは、ほくろの大きさによって施術の時間が変わります。大きい場合は、場所にもよりますが、一度だけで終わらせるのではなく、二度に分けて施術したほうが安心です。大きさは見た目でも分かりやすく、自分でも判断できるのですが、医師や専門家でないと判断しにくいのが深さです。ほくろの深さとは、皮膚の表面に見えている面積や厚みだけでなく、皮膚の下の細胞組織に影響している部分です。皮下組織に伸びているようにも見えることから、根と表現される場合もあります。ほくろの根が深い場合や、全体として大きい場合は、電気メスや炭酸ガスレーサーだけでの処置に時間がかかると判断されて、切縫の施術が良いと提案されます。切縫とは、該当する箇所の皮膚を部分的に切って縫う施術スタイルです。傷跡が残らないように配慮されます。

Top